看護師求人<保育園>人気ランキング

50代向けの保育園看護師求人

「50代まで看護師を続けてきたけれど、そろそろ病院勤務から卒業したい」「もう少しゆっくり時間を過ごせる仕事に就きたい」。そういった理由から転職を考える看護師が増えています。病院勤務は交代制で夜勤もありますから、なかなか規則正しい生活ができません。そういった生活習慣を変えるためには、職場を変える必要があります。50代ともなれば看護師として相当なキャリアも積んでいるものですが、「転職をするなら今しかない」「最後のチャンスだ」と捉えているようです。

看護師が転職をする場合、どのような就職先が考えられるでしょうか。介護施設や福祉施設など色々な場が考えられますが、ここでは保育園について考えてみましょう。このところ、私立保育園を中心に看護師を配置する保育園が増えています。看護師を置くというのは保育園側にとっても初めての試みですから、新人看護師よりは経験豊富な看護師を求めています。こういった場に、50代看護師の転職チャンスがあるのではないでしょうか。とくに小児科経験のある看護師の場合は、保育園看護師として十分に力を発揮できるでしょう。保育の現場に看護の知識や経験を導入していくには、ベテランの力が必要です。小児科だけでなく皮膚科や耳鼻科、内科、外科など、あらゆる経験が保育園での仕事に生きてくるはずです。

ただし、有利なことやプラスな点ばかりではありません。まず収入面ですが、50代まで看護師を続けてきた人にとっては、保育園看護師の収入はかなり低くなるでしょう。保育園看護師としての評価には、これまでの看護師生活は加味されません。一からのスタートとなります。収入ダウンについては大きな覚悟が必要です。また、経験豊富な人材は求められていますが、50代ともなると正直なところ再就職は厳しいというのが実情です。30代、40代の看護師と一緒に採用試験を受ける場合、50代だけが合格できる可能性はなかなか低いと言えます。保育園看護師には、看護分野の仕事だけではなく保育分野の仕事も要求されます。たくさんの子どもたちを相手にする仕事ですから、体力は絶対に必要になります。その場合、どうしても50代では不安が残ってしまいます。

保育園看護師として再就職を狙っている人は、「これだけは絶対に負けない」という自分の強みを持つといいでしょう。絶対の自信が持てる強みをアピールしていくことが、再就職の成功につながっていくはずです。情報収集と自己アピールで、自分にぴったりの職場を見つけていきましょう。

看護師求人<保育園>人気ランキング!まずは登録してみよう!

マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルートの仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※スキルアップセミナーも随時開催中





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人<保育園>人気ランキング All Rights Reserved.