看護師求人<保育園>人気ランキング

保育園看護師の配置基準


保育園看護師の配置は、児童福祉施設最低基準として義務付けではありません。 嘱託医については義務付けられていますが、保育園看護師は、その保育年の判断・配慮ということになります。 最近は保育園看護師の配置をするように努力しなければならないということも言われており、保育園などではかなり保育園看護師の配置を行うところが多くなっています。

以前は、保育園で0歳児を6人以上預かっている認可保育所の場合、零歳児保育特別対策事業というものがあり、そこから補助金がありました。 この場合、看護師、保健師、助産師のいずれかがいることとされていました。 しかし、この事業も平成18年にはなくなり、現在は努力義務となっています。 つまり、保育園看護師を配置する努力をしてくださいということにとどまっているということです。

2008年には厚生労働省認可私立保育所に対する看護職は一の予算要求が行われ成立となり、自園の体調不良児対応ということで予算配分され、2009年4月適用の指針が厚生労働大臣告示に示されたところへ、保育園看護師がはたす役割が明確に盛り込まれています。 そのため、今後、保育園看護師の配置に関してさらにその機運が高まっているところです。 ただ現状としては、保育園の経営も厳しく、努力ということで保育園の経営費用から、保育園看護師を配置するということは難しく、私立の一部保育園で配置されているというところが現実のようです。

地域によってもその差があり、効率の保育園に関して保育園看護師を配置を行っているところもあります。 これも地域格差が大きく、自治体によっておこなっているところ、行っていないところがあります。

少子高齢化が進み、お子さんの数が少なくなっているということもありますが、園児が少なくなっており、保育園の経営も厳しくなっています。 こうした現状の中では、補助金等が国からでないことには、保育園看護師の配置に関しても進まないでしょう。 努力義務にとどまる現状では、まだ保育園看護師の積極的配置は進まないようです。

しかし、お子さんのことを配慮すれば、保育園に医療の知識を持っている看護師がいるということは非常に大きなポイントになります。 保育士もある程度幼児の医療に関しては学んだり、研修などで覚えることもあると思いますが、やはり本職かそうでないかの違いがあります。 これから先、保育園看護師を望む声が大きくなっていけば、補助金制度なども前に進んでいくと考えられます。

看護師求人<保育園>人気ランキング!まずは登録してみよう!

マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルートの仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※スキルアップセミナーも随時開催中





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人<保育園>人気ランキング All Rights Reserved.