看護師求人<保育園>人気ランキング

保育園看護師と法律

保育園看護師については、法律によって配置が定められています。しかしながら、明確な基準は書いておらず、そのために保育園の看護師の数はまちまちになっているところが多いです。園児が9に対して、看護師が1人いるのが理想と言われていますが、実際にその割合で看護師を配置しているところはほぼないでしょう。小規模の保育園ならばありえるかもしれませんが、人数が多いところでその基準に沿っていれば、看護師だらけになってしまい、人件費がたくさんかかり、保育園の経営が実質的に難しくなってしまいます。例えば100人規模の大規模の保育園がありますが、そこでも普通は看護師は1人、多くても2、3人いればいいというくらいです。一方で、今のところ、保育園が看護師の配置を少なめにしていても、それで事故が起こった場合に明確な罰則規定などはありません。したがって、まずは経費削減が第一で、誰かが事故や病気など万が一の自体になったことを想定して、看護師を1人置いておくということになっています。

法律では配置するように明記してあるものの、曖昧なところが多く、罰則も明記されていません。そのために、例えば問題が起こった場合、裁判で争うケースも少なくありません。また、保育園によっては看護師を配置していないところ、配置していてもパートなどで雇って、時間や日にちを限定しているところも少なくありません。しかし、最近になって問題視されており、近いうちに明確な基準をつくったり、罰則を設けたりするのではないかと言われています。看護師からすれば、今後求人数が増える可能性はあると考えていいでしょう。

広い意味での保育園として考えれば、託児所の存在が大きいです。例えばマンションの一室を利用した託児所は都会を中心に数を増やしています。これは単純に園児の数に対して託児所が少ないという事情があったり、働きながら子育てをしたい女性の需要に応じたものです。このような施設でも看護師の配置については曖昧なところが多いですが、今後配置義務が出来て、看護師の求人が増える可能性は充分あります。

保育園での看護師の役割は、まずは園児の健康管理があります。これは定期的に行う健康診断のようなものに加えて、例えば病気を持っている園児を毎回チェックするというものもあります。また、緊急時に適切な処置をするのも看護師の役割です。一方で、保育園の他のスタッフと共同で行う業務もあります。アレルギーなどを考慮して栄養士の方と話し合ったり、あるいは遠足などの行事の際には同行することになるので、保育士を交えた会議への参加もあるでしょう。

看護師求人<保育園>人気ランキング!まずは登録してみよう!

マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルートの仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※スキルアップセミナーも随時開催中





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人<保育園>人気ランキング All Rights Reserved.