看護師求人<保育園>人気ランキング

保育園看護師の役割


保育園というところは、いろいろなお子さんを預かります。 保護者が働いている間お子さんを預かるという保育園もあれば、病気や障害を持ったお子さんを預かるという保育園もあります。 乳幼児が病気の回復期などで、家庭の看護が困難という場合にお子さんを預かるというところもあります。 さまざまな理由のもと、お子さんを預かる施設が保育園です。

どの保育園でも共通している保育園看護師の仕事というと、園児に対しての健康管理です。 健康チェックを行い、お子さんの健康状態の観察、またけがなどに対して応急処置等を行うのが保育園看護師です。 園児が保育園で健康状態が不調となった場合、病院へ護送していくことが必要かどうかという判断も必要になりますので、常に園児に対しての観察が必要になります。 医療機関との連携を普段からしっかり持っておくことも重要です。

また、保育園看護師は園児の歯に関しても、歯科検診等で歯科医師の補助を行い、その結果等を保健だよりなどの作成も行います。 このお知らせは、歯科検診ばかりではなく、体の健康診断、また普段の生活における健康上の注意点などをお知らせする目的でも作成されます。

特に最近は朝食をとってこないというお子さんも多く、保健師や保育士とともに、食育に関しての指導なども行っています。 園児の健康について、保育園で何か健康面に関して伝達事項があれば、保護者の方に伝えるという大切な役割もあります。 病院へいって検査等が必要なのか、また経過をみて病院を考えていく必要があるのかなど、そのお子さんによって判断が違ってきます。 医療関係者としてこうしたアドバイスを行うことは、病気などを未然に防ぐ、また進行させないということも含まれていますので、とても大切なことです。

体を動かすことや外遊びが大切だということも園児に伝えていきます。 園児と一緒に運動などを行い、遊びを通じて園児の健康状態や心の状態を知ることもできますので、一緒に遊ぶということも保育園看護師の大切な仕事です。 お子さんを保護者から預かっている時間、本来であれば親御さんがお子さんに目を配るべき時間です。 その時間を保育士とともに保育園看護師がお子さんと一緒に過ごすのですから、やはり責任は大きなものがあります。

園児の健康を観察、管理、また指導を行い、保護者と保育士との連携をしっかりもち、また流行の疾患等の情報も常に最新のものを持っているようにしておくことが、保育園看護師の大きな役割となります。

看護師求人<保育園>人気ランキング!まずは登録してみよう!

マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界大手のリクルートの仲介サイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※スキルアップセミナーも随時開催中





▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人<保育園>人気ランキング All Rights Reserved.